人気ブログランキング |

カテゴリ:タマシギ( 1 )

タマシギ

絶滅危惧種というタマシギが居るという 場所
前回教えてもらったのですが解らなくて  今回しつこいくらいに聞いて再度挑戦

優しそうな現地の老夫婦にお聞きしてやっと解りました
何がいるんだかカメラを持った人がいつも沢山いるよと

それだ~~~

行ってみると 稲の苗の間に赤いくちばしが
前日はペアでいたのだそうです

タマシギ。。。なんと羨ましいことに雄が子育てをしてその間 雌はほかのオスとペアリングしてまた新しい卵を産むんですって
畔や湿地に産むので 大雨で巣が流されることがあるので 生体維持のため そんな行動をとるそうです

>

タマシギは、鳥類としては少数派である一妻多夫であることでよく知られている。日本での繁殖期は4-10月で、この時期になるとメスの嘴が赤くなりオスに対して求愛ディスプレイを行うようになる。オスと番いを形成し交尾を行った後しばらくしてから、メスはオスが作った巣の中に普通4卵産む。産卵後はメスは巣を離れ、別のオスを求めてディスプレイを行う。このようにしてメスは複数のオスと番いになりながら産卵する。これはタマシギの生息地が洪水による氾濫の危険が高いため、数が多いオスに分散して子育てさせることにより確実に子孫を残すという戦略と考えられている。

残された雄は抱卵と育雛を1羽で行う。雛は早成性で、生まれるとすぐに親の後を追って歩き出す。孵化後しばらくは、親が雛に口移しで餌を与える。育雛期間は孵化後40-70日程度である。(ウィキペディアより)

この日の夜 NHK ダーヴィンが来た でタマシギをやると カメラマンさんたちが話していたのでしっかり録画しました!!
面白かったです
この日は雌だけ


c0324393_13394223.jpg


More

by kamekiti0922 | 2018-05-30 13:48 | タマシギ | Trackback | Comments(8)